【勉強法】高校数学で偏差値70をとるための3つのルール

※この記事は過去の記事の移行版です。

 

このような要望がありました。

「河合模試の数学で偏差値70を獲らせて下さい!」

これに対する私からの回答をご紹介します。

 

最低限クリアすべき3つのルール

①苦手を残さない

偏差値70というと、まず苦手な単元があると厳しいので、
数ⅠAで苦手な単元があるならば克服する必要がありますね。

苦手とはいっても70を目指せるレベルと思われるので、白や黄でなく青チャートなどを用いるのがよいかと思われます◎

質問者の方は東大レベルを目指しているように見受けられたので、『大学への数学』や『赤チャート』での演習もオススメしました。

 

②丸暗記しない

いずれの勉強においても、解答丸暗記ではなく、
「解答はなぜその解き方をしたのか」ということを意識して、考え方そのものを自ら再現できるような学習の仕方が必要でしょう。

解けるか解けないか、点数や偏差値云々に気を取られず、数学的な考え方や記述の仕方を知ることを楽しめれば、自然と身についてくるはずです。

以上のような方法は即効性には乏しいかもしれませんが、受験はもちろんその後にも使える知識を養えるかと思います◎

 

③偏差値に固執しない

逆説的ではありますが、数値的な指標に固執しているうちは、本質的な成長は見込めないと踏んでいます。

例えるなら、
万歩計を凝視して歩いても、目的地には着けない
ということです。

 

そもそも偏差値って?

模試などを受けて算出される偏差値は、点数に対する人数の分布が正規分布であると近似して計算されます。

この正規分布の特徴を考えるならば、偏差値70とは「受験者全体のうち上位約2.2%」という評価です。

逆算すると、少なくとも自分の前後左右斜めの座席に座る受験者を上回る勢いが必要です。

 

まとめ

今回紹介したのは心構え的な部分ですが、

  1. 苦手を残さない
  2. 丸暗記をしない
  3. 偏差値に固執しない

この3点は少なくとも意識して勉強に取り組んでいきたいですね!

それでは。