【勉強法】数学の質疑応答にAIが活用される時代が来たか…【クァンダ】

こんにちは、そのはです。

先日、YouTubeの広告でこちらのアプリを発見しました。

普段は広告に興味をそそられることはまず無いのですが、個人的に「こんなサービスあったらいいな、作れるかな」と構想していたものに近かったので、思わずインストールしてしまいました(Googleさんの思う壺ですw)。

今回は、こちらのクァンダというアプリを実際に触ってみた感想をまとめていきます。

 

アプリの出来は十分!

アプリとしての使い勝手は申し分ないです。

「問題文を撮影」→「似た問題を検索」→「似た問題の解説を表示」という一連動作は、直感的で分かりやすいと思います。

問題文の写真の撮り方には多少コツが必要そうですが、慣れれば問題なさそうです。

 

でも過大評価しすぎでは…?

公式ホームページGooglePlayストアAppストアでもベタ褒めされています。

妙にサクラっぽい…?

と思いきや、わりと堂々とアプリランキングの1位に君臨しているようです(2019/03/14現在)。

でもぶっちゃけ、そこまで持ち上げるほどの良アプリでもないかなぁというのが本音です。

以下にその理由を挙げます。

①難しい問題に対応できない?

想定ユーザーは小学生、中学生です。

高校生の問題を解説しているものもありますが、入試レベルのものは基本的に扱われないでしょう。

なので、本当に数学が苦手で基礎レベルの問題に解説が欲しい!という場合には有効かもしれませんが、受験勉強に有効活用するのは難しい気がします。

(基礎レベルの問題の解説が欲しいなら、紙媒体を頼りにする方がよっぽどためになると思いますしね)

②講師レベルに限界がある

①とも関連してきますが、先生(質問に回答する人たち)がどういう人たちかを理解すれば、限界があることが分かると思います。

先生として立候補するのは、主に小遣い稼ぎが目的の大学生です。

勉強を教えることに特別長けている人でもないし(学歴フィルターはありますが”東大生であること”は”教えるのが上手いこと”の必要条件でも十分条件でもありません(笑))、回答数を増やすことで報酬が増えるので1つ1つの回答クォリティは低下してもおかしくはありません。
(とすると、入試レベルの問題に回答が付かないのも先生側のコスパの面から納得できます)

実際、「解説お願いします!」という質問に対して、最終的な答えだけを送信するようなやりとりもいくつか見受けられました。

そこまでヒドくないにしろ、Twitter上のいわゆる勉強垢どうしのやりとりの方がよっぽど有意義であるようなやりとりも沢山あります。

③AIが活用されるのは画像認識

決してAIが質問に回答をしてくれるようなアプリではありません。

AIが利用されているのはあくまで「問題文を撮影」→「似た問題を検索」の過程です。

ということはアプリがリリースされた直後よりも、リリースからしばらく経過してAIの持つ”画像に関するボキャブラリー”が豊富になってきた頃の方が利用価値が高いでしょう。

今はまだAIの持つ”画像に関するボキャブラリー”が少ないために「検索しても検索結果が出てこない!」なんてことがあるみたいです。

 

まとめ

数学の問題文の画像からAIを用いて解説を検索するアプリ「クァンダ」をインストールしてみました。

発想は面白い一方、小中学生の基本レベルがターゲットのようで使いどころは難しいです。

基本的に無料なので、ちょっとした遊び感覚で使ってみるのはアリかもしれませんね!

それでは。