【進路】これで間違えない!塾や通信教材の選び方のススメ【裏技】

こんにちは、そのはです。

2018年度の最終日ですね~。

明日からは皆さん新学年ということで、また新たに勉強を始めたりすることでしょう。

中には他の子と差をつけるために、新学年から塾に通い始めよう!という人もいるかもしれません。

そんなとき、間違った塾・教材選びをしてしまうと、大切な時間やお金(果ては人生までも)ムダにしてしまうかもしれません!

今回は、私の5年間の塾講師経験から、間違わない塾・教材選びの方法をご紹介していきます。

 

悪い塾の特徴

「塾なんてどこも変わらないでしょ」「勉強できればなんでもいいよ」というアナタ、それは違います。

そもそも悪い塾とはどのような特徴があるか、例を挙げて見ていきましょう。

 

金儲けしか目がない

つまるところ、これに尽きます。

金儲けしか考えていないような塾は生徒の成績を上げようなんてこれっぽちも考えていませんし、入塾者を金づるとしか見ていません。

そんな塾は、

  • 入塾費や授業料が高い
  • 講師の賃金が安い
  • 講師の教育にお金や時間を割かないため、講師レベルが低い
  • 学校との連携がなく、受験などに関する情報が希薄
  • テキストも惰性で使っていて時代遅れ

と挙げればキリがないですが、悪いところしかありません。

こんな塾には入ってはいけません。
何も得ることなくお金を失うだけです。

 

極めてブラックである

ブラック企業という言葉のブームは過ぎたかもしれませんが、塾業界は基本的にブラックです。

その中でも際立ってブラックな塾は、そこに通う生徒たちにも弊害が及びます。

そんな塾は、

  • 講師の労働時間が極端に長い
  • 講師の労働時間帯がおかしい(~AM2,3時など)
  • 講師が事務作業に追われ、生徒そっちのけ
  • 塾としてスケジューリングが下手で不合理性が強い

など、悪いところばかりです。

 

仲のいい子が沢山通っている

これは必ずしも悪いわけではありませんが、塾に通う子は「自制して勉強に励めない」ことが多いはずです。

すると、仲のいい子が沢山いるような環境では上手く”勉強モード”に切り替えることができず、塾に通っても無意義な時間を過ごしてしまう、という事態になりかねません。

多少家から離れていても、自分で”勉強モード”に切り替えることができる塾をオススメします。

 

良い塾を選ぶ方法

以上のような悪い塾を避けて入塾すれば、きっと成績を上げてくれる講師に出会えるはずです。

悪い塾と逆の条件をもつ塾を探せばいいわけですが、その具体的な方法をご紹介します。

 

アナログな口コミが一番

人づてに「あそこの塾いいらしいよ!」と聞くのが、結局一番いいです。

口コミが発生するような塾は優秀な講師が揃っている場合が多く、また塾として向上心があり生徒によく向き合っていることが多いです。

ただし、以下の点には注意しましょう。

紹介者の生徒さんは、

  • 入塾前と比べて成績が向上しているか?(教えるのが上手い講師がいる証拠です)
  • 宿題の量は適切か?家庭学習が増えたか?(授業外の学習もプロモートしてくれる証拠です)
  • 講師の代講が少ないか?(塾内環境が整っている証拠です)

 

講師の賃金を検索

ブラック塾かどうかを計る指標として、講師賃金があります。

塾講師ステーションなどで、お近くの塾の講師賃金を検索してみましょう。

周りの塾と比べて高い賃金の塾があるとしたら、その塾は良質な講師が多い可能性があります。

なぜなら、講師にリソースをかける余裕のある塾なので、講師の教育に力を入れている可能性が高いからです。

ただし逆に、「塾内環境が悪すぎるせいで講師が集まらず、講師賃金を高くしないと講師が集まらないほどのクソ塾」という可能性も捨てきれないので、そこは見極めが必要です。

 

体験授業で塾内環境を偵察

人づての情報やネットの情報だけでは、やはり入塾を決断するのには情報不足です。

これを解決するには、実際に気になる塾へ足を運び体験授業を受けることです。

体験授業を受ける際の注意点は以下のとおりです。

  • 他の生徒が多いであろう時間帯を予約する(他の生徒や講師の様子を知れる)
  • 講師との相性はあまり考えない(体験授業と入塾後の講師が同じとは限らない)
  • 他の生徒の年代を把握する(自分と近い年齢層が多いのがベスト)
  • テキストは豊富か、自習スペースがあるか、掃除は行き届いているか(塾内環境を整備する意志があるかどうか)
  • 講師の男女比(1:1がベストです)

タウンライフ塾さがしというサイトを使うと、近所の塾の体験授業を一括予約できるそうです。

3ステップで簡単に塾検索から予約までできるのでオススメです!

 

受験対策特化をねらう場合

ここまでは一般的な”学習塾”の選び方でした。

しかし、例えば「中1のうちから高校受験の対策をしたい!」「高1のうちから大学受験の対策をしたい!」「医学部に行きたい!」という場合は、上記の条件では緩すぎます。

もっとストイックな塾を探したい場合は、それ専用のサイトを使うのがオススメです。

例えば医学部受験の場合、有名どころでは医学部予備校ガイド医学部受験予備校ランキングなどがあります。

詳しくは以下のリンクをどうぞ。

 

良い通信教材を選ぶ方法

ここまでは良い塾を選ぶ具体的な方法について紹介してきました。

以下では「塾じゃなくて通信教材のオススメが知りたい!」という人向けに、通信教材の選び方をご紹介します。

 

通信教材が向いている人

塾よりも通信教材が向いているのは、次のような特徴を持つ人です。

多く当てはまる場合は、塾ではなく通信教材を検討してみるといいかもしれません!

  • 部活が忙しいので、コンスタントな習い事が難しい
  • 自分のペースで勉強したい、指図されたくない
  • 自制心があるほうだと自負している
  • 人の話を聞くよりも、手を動かして書くほうが理解が進む

逆に、これらに当てはまらない人は通信教材よりも塾に通ったほうが効率的に成績を上げられる場合が多いです。

なので、塾or通信教材の判断は慎重に行ってください!

 

通信教材はテキストが命

通信教材選びは塾選びよりも非常にシンプルです。

講師との相性や塾内環境を気にしなくていい分、テキスト(または映像教材)が自分にしっくりくるかどうかが一番の決め手です。

サンプルや無料体験を通じて、以下のポイントを確認してみましょう!

  • 内容の説明が分かりやすいか
  • 色使いや章立て、文調・口調が馴染みやすいか
  • 自分の設けられる勉強時間と教材分量がマッチしているか
  • 目的に合っているか(普段の授業対策?予習?受験対策?)

しばらく使ってみないと分からないということもあります。

「最初は良いと思ったけどやっぱり合わない!」という場合はすぐに別の教材へ乗り換えたほうが良いです。時間の無駄なので。

 

オススメの通信教材

以下では、いくつかの通信教材をご紹介します。

気になるものがあったらどんどん資料請求してみるのがよいでしょう!

上でも述べた通り、通信教材は使ってみないことには合うかどうか分かりません。

無料で体験できるものもあるので、ぜひサイトを覗いてみてください。

超有名どころの進研ゼミ高校講座

特長

  • 高校別の定期テスト対策が可能
  • 受験タイプ別のコースが豊富
  • スマホを活用した教材で効率UP

Z会と栄光ゼミナールの合わせ技DialoONLINE

特長

  • 高クォリティの映像教材が豊富
  • 講師との対話式の指導も完備
  • 進路指導までサポートしてくれます

アニメーション教材のすらら

特長

  • 勉強にコンプレックスのある子を対象にした、超絶分かりやすい映像教材
  • 学年を気にせず苦手を潰せる、苦手克服特化型
  • HPは小学生推しですが、しっかり高校内容までカバーしています

オンライン家庭教師のコネット

特長

  • スマホ・PC・タブレットでのマンツーマン授業
  • 訪問型家庭教師と比較すると断然低価格
  • 24時間365日対応を謳っています

 

まとめ

さて、いつもに増して情報量の多い記事となりましたが…、いかがだったでしょうか!

ポイントをまとめると、

  • 運営がブラックではない?
  • 口コミ最強
  • 検索サイトも上手く活用しよう
  • とにかく無料体験してみるのがオススメ

ということでした!

ではみなさん、新学期からも勉強を頑張っていきましょう!

それでは。